So-net無料ブログ作成
検索選択

がんのニオイ診断

癌診断は最近の進歩しており、画像診断から遺伝子診断まで行われている。
その一方、前近代的な感じのある五感によるがん診断について興味ある総説が医学雑誌に載っていたので紹介しますね。

「癌と化学療法」の2007年、12月号に「ニオイでがんの診断は可能か」という総説がありました。
確かに臭気は医学の診断学では大切で、ある種の感染症はそれにより診断可能です。
それをがん診断に応用した論文が紹介されました。
その最初はLancet(英国の権威のある医学雑誌)にロンドンの皮膚科医から1989年に報告がありました「犬が飼い主の女性の特定のホクロを絶えず嗅ぎまわり、検査したら悪性黒色腫だった」とのことです。
これに引き続き多くの報告があり2001年にも同様に皮膚ガンの発見に関与し切除したらなんら関心をももたなくなった犬の報告や最近は2004年に実際に「膀胱がん患者の尿と正常人の尿を色々の犬に嗅がせて実験を行うと有意に膀胱がんを発見した」とか2004,2005年では「犬が乳がんを発見した経験」など,―、―です。
多くは肺がん患者の呼気、膀胱がん患者の尿、あとは体表の癌(皮膚ガンや乳癌)の報告ですね。この意味は、ある種の揮発性の化学物質があるでしょうね。 その一部はGC-MS法で同定されています。

犬の得意は嗅覚ですから。
私は今、家で犬を飼ていないけど、犬がクンクンよってきたら喜んでばかりはいえないね。
犬に「ねー、ご主人様、がんデキテルヨ!」なんて忠告されているですかな? 
愛犬家も気をつけたほうがいいでしょうね?

ちなみに文献上は雌犬のほうが嗅覚が鋭く正解率も高いそうです、人間も女性のほうが五感は鋭いですね(笑い)。

廉価な犬によるがん診断もいいけど、「がん感知犬」が現れて、自分の前でワンなんて吠えられたショックですね。

欧米では「においセンサー」の開発(電子の鼻)も実際になされているそうです。
しかしがんの早期診断や検診に役に立つには、まだ時間がかかりそうです。


nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 6

Kim

興味あるお話しありがとうございます。
色んな物を使って早期発見が出来るようになると良いですね。
by Kim (2008-01-16 11:12) 

あいこ

こんにちは。なんか、聞いた事のあるはなしです。犬はすごいですよねええええ(●^o^●)
by あいこ (2008-01-16 16:32) 

ねこ

いつも興味深いお話をありがとうございます
これからも楽しみにしています♪
by ねこ (2008-01-16 21:51) 

まろ

皮膚に浸潤したがんの臭気緩和について研究をしょうと思い、客観的な臭気の測定器具について化学の研究者におたずねしたことがあります。現在のところ、器械で測定しようとすると、化学物質それぞれの検知を行って測定する方法があるといわれました。便なら、スカトールとか硫黄とか。
その研究者は、においを嗅ぐと大抵なんの物質によるにおいで、どの測定器を用いればよいか見当がつくと話しておりました。
いろんな化学物質がまじり合った臭いから、危険を察知する微妙な能力は、器械化するのはなかなか大変なのかもしれませんが、がんの臭いの成分を分析していってがんばれば作れそうな気もしますね。
でも、においでわかる頃には結構立派な進行がんになっているような気がします。ちなみに私も尿路感染は患者さんの尿の臭いでぴたりと当てます。でも、これってみんなわかりますよね。
by まろ (2008-01-17 03:08) 

はな

時々、お訪ねしています。
今回の臭いによるガンの診断について、は、反応してしまいました。三年前にスキルス性の胃がんで他界致しました夫のことで常に気になっていたことがあります。彼は胃がん発症の7年前に大腸がんの手術も受けていました。
いつも不思議に思っていたのですが、病気が発見される以前から、大根の料理を食べると異常に口臭を感じることでした。特に大根おろしの反応が強かったですね。本人よりも私のほうが、横、前に座っているだけでいやな臭いがするのでウイークデイにはやめて、休みの日だけ大根おろしを食卓に出していました。
若い頃から大根おろしは好きだったのですが、以前から臭いがしていた
わけではないのです。ガンと結びつけて考えたことはなかったのですが、今日のお話を読んであれれ?と思いました。
ちなみに、大根を食べると息や、尿に独特のにおいがありますが、それがひどいと感じましたので。
どうなんでしょうか。私は犬ではないので
by はな (2008-01-19 09:48) 

chaachan

何か怖いような、しかし面白い話ですね
by chaachan (2012-10-31 22:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。