So-net無料ブログ作成
検索選択

「家族心中」って勝手な理屈? 日米の差。

最近、新聞などの報道で家族道連れの心中事件がありますね。
個々の深刻な理由はあるんでしょうが、道ずれは何か無理強いの感じがしますね。
私の救命救急センターにも、子供道ずれの飛び降り自殺も運ばれてきます。
悲惨な話です。

それらついて、米国在の日本人開業医を具体例を書かれているのを引用しますね。

32歳のOOさんは、まだ6ヶ月のOOちゃんを抱っこして、4歳のOO君の手をとり、冷たいサンタモニカの冬の海を、どんどん沖に向かって歩いていきました。そして、三人の姿は、海の中に消えてしまいました。それを見ていた近くのサーファーたちが、助けようと海に潜りました。岸に着いたときは、三人とも、意識がありませんでした。海岸にいた人たちが、必死になってCPRをはじめ、救急車で近くの病院のERに搬送されました。でもOOちゃんとOO君は、意識が戻らず病院で亡くなりました。でもOOさんだけ助かりました。彼女は、3年にもなる、ご主人の不倫が原因で母子心中をしたのでした。でも子供たちだけが死に自分だけ生き残ってしまいました。アメリカでは、親子心中というものが無く、幸子さんは、殺人罪で逮捕され、ロス郡の留置所に入れられました。刑事裁判になり、何千人もの日本人、日系人により情状酌量の署名運動が始まり、8千人以上の署名が裁判所に提出されました。日本人弁護士により、日本での親子心中の習慣、カルチュアの違いについて説名されました。そのおかげで、1年6ヶ月の禁固刑という、アメリカでは前例の無い、軽い処罰が確定しました。その後の00さんのことは、誰も知りません。風のうわさで、離婚して、日本に帰り、こどもたちの冥福を祈っていると、聞きました。
 アメリカであった本当の話です。

ですって、アメリカでは考えられないらしいですね、家族の道ずれ心中は。

日本の家族主義や宗教などの違いなんですかね?


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。